メッセージフローのラベルとデータオブジェクト使い方の間違い
3
BPMN1.xではデータオブジェクト(紙の右上が折れ曲がったアイコン)を左図のように使うことが許されていました。
BPMN2.0ではデータオブジェクトを、このような使い方はできなくなりました。

 

 

 

 

 

正しい記述方法

3-1
メッセージフローに直接ラベルを記入します。
データオブジェクトは、BPMN2.0ではプロセス内でしか使えなくなりました。
この説明はまた別の機会に。