窓口業務が間違うと後続業務が混乱をします。BPMNを使用してプロセスごとに分析をして窓口が間違わないように設計することで業務のムダが減ることはもちろんですが、顧客・利用者の満足度もアップします。

窓口業務の「最初のボタンの掛け間違い」を無くす